占冠の情報を発信

秋の「森の色見本市」

占冠の森の魅力を知ってもらうのにオススメの時期があります。
それは「紅葉」です。

って、今、春なのに、すいません。
でも今の内に秋の良さも伝えておければ、これを読んでる皆さんも色々と準備しやすいですもんね。
もちろん春も夏も、結局どの季節も素晴らしいわけですが。

そう、占冠の紅葉は見逃せません。
あれは、北海道の森が魅せてくれる、壮大な「森の色見本市」ですね。

森にはどんな色が存在してますか?
ま、だーいたい、「緑」ですよね。やっぱり。
北海道の森はそれが冬には「真っ白」になる。
で、この「緑」から白に移ろう瞬間に、「森の色見本市」が開催されるわけです。
この見本市、開催期間は1週間位かと思います。
そう、短いんですよ。結構。

北海道の冬は一気に来ます。
で、その一気に来る冬の前に、一瞬だけ「パッ」と森が、びっくりするほど綺麗に「色めく」んです。
こんな感じに。
(写真は占冠村の青岩峡の森です。)

ここから、だんだんと秋らしい、「深い色合い」に変わっていきます。

占冠村の森はは得に、色んな種類の広葉樹がたっくさんあるので見応えがあるんです。
思わず、ため息が漏れちゃいます。

今年は、みんなでこの「森の色見本市」を見に行きましょう。
きっと10月上旬の数日間ではないかと思ってますが、秋が迫ってくる頃に、またそのことはお知らせ出来ると思います。

2017.03.29